トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

ネギ(葱)

ネギ(葱)
収穫時期
11〜2月
主な産地
全国
主な種類
千住ネギ、九条ネギ、下仁田ネギなど
 手に持った長いネギをムシャムシャ食べているチンパンジーの姿、新聞やテレビのニュースで見たことある? 日本の動物園の話で、冬の間、週に1回ほど、チンパンジーにネギを食べるのだそうだ。その目的は、かぜ予防。もともと寒さに弱いチンパンジーは、かぜをひくと私たちみたいに熱やせき、鼻水が出るのだそうだが、ネギを食べるようになってからはかぜをひくことが少なくなったとか。
 もちろん人間も、昔からネギには体を温めたり食欲をすすめたりする働きがあると経験的に知っていた。かぜでのどが痛くなると、焼いたネギをタオルにくるみ、それを首に巻いて直していたというよ。めん類やみそしるなどの薬味に欠かせないネギは、現在では1年じゅう出回っている野菜だけど、もともとはかぜ予防になる、代表的な冬野菜のひとつというわけだ。
 ちなみに、関東ではネギの白い部分が薬味に使われることが多いけど、関西で使うのは緑の部分。ネギの種類もちがい、関東では白い部分が多い千住ネギをよく食べる一方、関西では緑の葉の部分が長くてやわらかい九条ネギが主流。旅行したら注目してみてみよう。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ