トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

サンマ(秋刀魚)

サンマ(秋刀魚)
収穫時期
7〜12月
主な産地
北海道、宮城、福島、岩手など
 こうがいに出かけたとちゅう、おなかのすいた江戸のとのさまが、たまたま農家でごちそうになったのは、表面がほどよく黒くこげたサンマだった。あぶらがのったおいしいサンマは、とのさまの忘れられない味になったものの、サンマは庶民(しょみん)が食べる安い魚。おやしきで食べる魚といえば、タイなどの高級魚ばかり。とのさまは「サンマが食べたい」とリクエストするが、出てきたのはあぶらを落とし、骨もぬいて食べやすく皿に盛られたサンマ。あぶらを落としたサンマは味がばさばさで…。
 落語『目黒のサンマ』は、サンマの味が忘れられないとのさまをおもしろおかしく語った話。サンマが庶民の魚なのは今も変わらず、しゅんをむかえる秋には、1尾100円前後で売られているよ。
 サンマは主に北太平洋に生息し、春から夏にかけて北へ向かい、秋に産卵のために南下する回遊魚。秋のサンマにあぶらがのっているのは、北の海でたっぷりえさを食べたからだ。『目黒のサンマ』のとのさまが食べたのも、きっと秋ものだったのだろうね。
 おいしくて安く、血液や脳の働きをよくするといわれる成分など栄養も豊富なサンマ。日本を代表する秋の味だね。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ