トップ

食育コラム〜もっと「食」に親しもう!〜

テーマ:

もったいないことしていない?

もったいないことしていない?
いま、日本でもったいないことが起きている。なんと捨てられている食べ物が、1年間でおよそ1900万トンあり、そのうち500万〜900万トンが、まだ食べられる食品といわれているんだ。900万トンといえば、日本で1年間につくられるコメの量と同じくらい。いったい、なぜこんなことが起こってしまっているんだろう?

理由はいくつかあるようだ。食べ残しも理由のひとつ。給食や家でのごはん、残さずに食べているかな? とくに、外食に出かけたとき、家族で食べきれないほど注文して残してしまうなんてことはない?

それから、スーパーやコンビニ、食品店での売れ残り商品。はんばい期限や賞味(しょうみ)期限が切れて、売ることができずにそのまま捨てられてしまっている。もしかすると、家の冷蔵庫にも、賞味期限がずいぶん前に切れた「ゴミ箱行き」の食べ物が入っているかもしれないよ。必要な物を必要なときに、必要な量だけ買うことが大事だよね。

ほかにも、食品メーカーが必要以上につくりすぎて、結果的に捨てていることなども、食べものをゴミにする原因になっている。なかには、肥料や燃料などとして再利用されているケースもあるけど、やっぱり「食べ物を捨てる」のはもったいない。食品メーカーもスーパーやコンビニも、そして私たち一人ひとりも、食べ物を捨てずにすむ工夫をする必要があるようだね。それに、*世界では9億人をこえる人たちが栄養不足に苦しんでいる(*国際連合食糧農業機関 2007年の推計より)ことも、忘れないでね。

前へ

次へ

最新のコラムをよむ

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ