今日のやってみよう!

毎日更新

環境にいいことを、みんなで1日1つずつやってみよう!むずかしいことじゃないよ。小さなつみ重ねが、10年後、20年後の地球を変えていくはずだよ。

2017年03月16日 (木)
学校や近所の自治会が行う、ゴミ拾いなどに参加しよう!

どうして地球にやさしいの?

環境にやさしい社会にするには、身近なことから取り組むのが基本

自分たちが住んでいるまちについて、みんなはどれくらい知っているかな? まちのことについて知りたいと思ったら、まずは、学校や近所の自治会などが行っている、ゴミ拾いなどの地域活動に参加してみよう! 自分が住んでいるまちを、自分たちの手できれいにすることで、まちの素敵なところや困っていることが見えてくるよ。また、世界を環境にやさしいものにしていくためには、自分の住んでいる地域でできることから行動することが大事なんだ。こうした考え方を「シンク・グローバリー、アクト・ローカリー」というんだ。環境にやさしい循環型社会(じゅんかんがたしゃかい)をめざすには、まずは自分のまちのゴミを拾ったり、リサイクルについて考えたりすることが大切。身近なことから取り組もう!

ワンポイント
ゴミを拾ったら、1) そのゴミがどこから出たのか、2) 捨てた後にどこへ行くのか、3) リサイクルできるないか、などを調べてみよう!