エコワード

エコクッキング(Eco Cooking)
おいしい料理をつくるときは、地球にもやさしくありたいもの。たべものやエネルギーを大切にし、水をよごさないように工夫したりゴミをへらしたりして、環境のことを考えて料理をつくるのがエコクッキングです。むだを少なくするエコクッキングは、環境だけでなく、おさいふにもやさしい料理法です。

買いものをするときには食べられる量だけを買うようにして、つつみ紙やビニールぶくろなどはできるだけ断りましょう。また、同じ野菜でもつくるときに使うエネルギーが少ない旬(しゅん)のものを選ぶようにしましょう。皮やはっぱ、残りものも捨てずにうまく使って料理するとおいしいですよ。にものをつくるときにはなべの底から火がはみ出さないようにすると、使うガスの量をへらせます。お米のとぎじるはそのまま流さず、植木にやれば肥料になります。食器やなべなどを洗うときには、油などを先にふき取りましょう。水をよごさずにすみます。