エコワード

排出量取引(Emission Trading)
地球温暖化を引き起こす二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを減らすため、世界の国々は京都議定書で、それぞれ決められた量を減らすことを約束しました。日本は、1990年に比べて6%減らす約束をしています。しかし、がんばっても減らせない場合、出しすぎた量のCO2を、あまり出していない国と取り引きすることができます。この仕組みが排出量取引(はいしゅつりょうとりひき)で、排出権取引(はいしゅつけんとりひき)とも呼ばれます。

排出量取引(はいしゅつりょうとりひき)によって、CO2が出る量を世界全体で少なくすることができるといわれています。ヨーロッパには排出量(はいしゅつりょう)を取り引きするための市場があり、日本でも2008年から試しに行われることになっています。しかし、CO2を実際に減らすのではなく取り引きするだけなので、あまりよい方法ではないという意見もあります。