エコワード

環境問題(An environmental problem)
人間は、自然環境を利用しながら文明を発展させてきました。その間には、生活が便利になるかわりに、地球環境に悪いえいきょうが出る場合もありました。この悪いえいきょうをもとにもどすことができなくなることを、環境問題といいます。

1972年に、「ローマクラブ」という世界のかしこい人の集まりが、『成長の限界』という報告書のなかで、現在のまま世界の人口が増え、環境に悪いえいきょうが続けば、2050年ごろに人類の成長は限界になるという意見を発表しました。また、同時に、環境に悪いえいきょうを無くしていくためには、地球の資源をいつまでも使えるという考え方をかえることが必要だ、と説いています。すでに、酸性雨やオゾンそうのはかい、地球温暖化、異常気象など、さまざまな環境問題がおきていて、人びとの環境問題への関心は高まっています。