エコワード

容器包装リサイクル法(Promotion of Sorted Collection and Recycling of Containers and Packaging)
日本の社会は、たくさんのものをつくり、使い、捨てることをくりかえして成長してきました。その結果、ゴミが増え、環境に大きなえいきょうをあたえるようになりました。なかでも、家庭ゴミの約6割をしめる容器包装ゴミの処理とリサイクルが大きな問題になっています。容器包装ゴミを減らしてリサイクルを進めるため、1995年にできた法律が容器包装リサイクル法です。

この法律では、容器を買った消費者がゴミを分けて出し、市町村がそれをきちんと分けて集め、会社がふたたび商品にする役割を負っています。対象になるのはアルミやスチールなど金属でできたかん、ガラスびん、紙でできた容器、ペットボトルなどプラスチックでできた容器などです。また、容器をたくさん使う会社は、取り組みの進み具合を国に毎年報告します。このほか、レジぶくろをたくさん使うスーパーマーケットなどは、減らしていくための目標を立てることになっています。