エコワード

環境基本法(The Basic Environment Law)
環境基本法は、環境を守ることについての基本的な考え方を示した法律です。1993年につくられました。それまでも公害や自然環境についての法律はありましたが、大気汚染(たいきおせん)やゴミ問題、地球温暖化などの新しい環境問題が登場してきたため、広い分野の環境問題に対応できる基本的な法律が必要になったのです。環境についての法律は、環境基本法の考え方にそってつくられています。

環境基本法は、環境を健康でめぐみ豊かなものとして守ることが何よりも大切であるとしています。そのために、すべての人が自分の役割を果たすとともに、世界の人が手をとり合って環境にやさしい社会をつくり、育てることが必要であるとしています。また、環境を守るために、国や自治体、会社、国民のそれぞれが守るべきことや、温暖化のような地球全体の問題への対応のあり方なども示しています。