エコワード

マイはし(My Chopsticks)
はしは、木や竹、じゅしなどでできた2本1組の細長い棒で、中国や日本などのアジアの国で食べ物をはさむのに使われています。ふだんからもち歩いて使うはしを、マイはしといいます。和食店などの食べ物屋さんでは、くり返し洗って使えるぬりばしがむかしから使われていましたが、昭和になってわりばしが使われるようになりました。今では、日本国内で1年間に約250億膳(ぜん)ものわりばしが使われています。

しかし、わりばしのほとんどは中国など海外から輸入されていて、つくる国の木を切ることにつながります。このため、環境のことを考えて、わりばしではなくマイはしを使う人が増えています。マイはしは日本発の環境への取り組みとして、海外にも広まっています。最近は間伐材(かんばつざい)など国産材でつくったわりばしもあります。