エコワード

間伐材(Thinning Wood)
森に木を植えて手入れをしないでおくと、木が多すぎてよく育たなくなります。また、太陽の光がとどかないので下に草が生えず、生き物の少ない暗い森になってしまいます。木をまっすぐに育てるために一部の弱った木を引きぬくことを間伐(かんばつ)といい、間伐(かんばつ)をして得られた材木が間伐材(かんばつざい)です。間伐(かんばつ)をすることで、木は根をはることができ、水をたくわえ、豊かな土を守る森の力が強くなり、大雨がふっても土砂崩れ(どしゃくずれ)などの災害が起きにくくなります。

間伐材(かんばつざい)は、むかしは建築用の足場や漁業などに使われていましたが、今ではあまり利用されていないため、間伐(かんばつ)自体があまり行われなくなりました。このため、あれはてた森が多くなってしまいました。その一方で、日本はたくさんの材木をほかの国から輸入して使っています。国は、間伐(かんばつ)を行って日本の森を守るため、間伐材(かんばつざい)でつくったものを使うように呼びかけています。