エコワード

CSR(シー・エス・アール)(Corporate Social Responsibility)
会社は、ものやサービスを売って利益をあげるために活動しています。しかし、社会で会社のしめる割合が増えるにつれて、会社も社会のためになることをするべきであるという考え方が世界中に広がりました。これを「企業(きぎょう)の社会的責任」といい、英語の頭文字をとってシー・エス・アール(CSR)と呼びます。

CSRの考え方によれば、会社はお金を出してくれる株主だけでなく、はたらく人や取り引きの相手、ものやサービスを買う人、工場がある地域など、かかわりのあるあらゆる人を大切にしなくてはなりません。また、環境はもちろん、人権や福祉(ふくし)など広い分野での取り組みが求められます。このため、CSRに力を入れている会社ほど、社会のためにがんばるよい会社であると考えられるようになりました。どの会社がどれだけCSRに取り組んでいるかは、CSR報告書などのレポートで知ることができます。