エコワード

バイオ燃料(Biofuel)
自動車などを動かす燃料のもとになる石油などの化石燃料には限りがあり、燃やすと二酸化炭素(CO2)を出して地球温暖化の原因になるため、代わりの燃料が開発されています。バイオ燃料は植物などからできた燃料で、代表的なものにバイオエタノールがあります。植物は、大気中のCO2を吸収して光合成をするため、燃焼によってCO2を出しても大気中のCO2の量は増えません。

バイオエタノールは、サトウキビやトウモロコシなどを発こうさせてつくったアルコールで、ガソリンにまぜるなどして自動車の燃料に使うことができます。また、菜種やひまわり、大豆、コーンなどからとった油や、てんぷら油などからつくった燃料がバイオディーゼルです。バイオディーゼルは、軽油のかわりにディーゼルエンジンを動かす燃料として使えます。バイオ燃料に対して、食料や飼料にできる植物を燃料にするのはよくないという意見もあります。