エコワード

食品トレイ(Food Tray)
スーパーマーケットなどで売っている魚や肉は、発泡(はっぽう)スチロールなどのじゅしでできた白や色つきのトレイに乗ってきます。これが食品トレイです。食品トレイは、食べ物を新鮮(しんせん)でおいしく保ち、軽く、加工しやすいため、食品を運んだり売ったりするのに欠かせません。毎年約10万t、約200億枚もの食品トレイがつくられています。

食品トレイは、むかしは使い終わるとゴミとして捨てられていました。しかし、ゴミになるととてもかさばるため、リサイクルする方法が考えられました。今では学校やスーパー、役所などで集められて、文房具(ぶんぼうぐ)や植木鉢(うえきばち)、雑貨などにリサイクルされています。最近は、ポリプロピレンやペットじゅし、植物などからできた食品トレイもあります。