エコワード

ラニーニャ現象(La Nina)
南米のエクアドルからペルー沿岸にかけての広い海面で、水温がふだんの年に比べて0.5度ほど下がることを「ラニーニャ現象」といいます。反対に水温が上がる「エルニーニョ現象」とともに、世界中の気候変動や異常気象をもたらす原因と考えられています。ラニーニャ現象は、エルニーニョ現象によって東の方へ追いやられた温かい水が西へともどる時に発生し、その状態は1年ほど続きます。ラニーニャとは、スペイン語で「女の子」を意味する言葉です。

ラニーニャ現象が起きると、日本では空梅雨やもう暑、かっ水、寒冬になるけい向があります。1973年に発生した時は、北陸や東北地方が大雪に見まわれました。また、夏から秋にかけて発生する台風の位置がずれたり、じゅ命が短くなったりすることもあります。最近の研究により、ラニーニャ現象とエルニーニョ現象が、インド洋で発生する「ダイポールモード現象」と関係していることがわかっています。