エコワード

エコマーク(eco mark)
私たちがいつも使っているいろいろな商品は、それをつくるときに環境にさまざまなえいきょうをあたえます。地球環境を守るために、最近では環境に悪いえいきょうをあたえない商品が選ばれることが多くなってきました。また、メーカーも環境にやさしい商品をつくるようがんばっています。しかし、どの商品が環境にやさしいか、見ただけで簡単にはわかりません。そこで、環境へのえいきょうが少ない、または環境を守るために役立つと認められた商品にしるし(マーク)をつけて、消費者が商品を買うときの目安になるように考えられたのがエコマークです。

エコマークは、日本では1989年に始まり、(財)日本環境協会というところがチェックし、何の商品にエコマークをつけるかを決めています。今では、ノートやシャープペン、タオル、食器、シャツ、石けん、トイレットペーパーなど、環境にやさしい商品が増えていて、エコマークがついた商品がたくさんあります。