エコワード

土壌汚染(Soil Contamination)
水質おだくや大気汚染などとならぶ「典型7公害」の一つ。工場やクリーニング店などから出る汚れた液やゴミにふくまれる油や有害な物質などが、地面(土じょう)にもれ出すことによって土壌汚染が起きます。日本では、20世紀後半に、工場があった場所で土壌汚染が起き、地下水をよごすなど、自然環境や近くに住む人の健康が不安にさらされました。

このため、地方自治体などが土じょうお染を防ぐための仕組みをつくり、国も2003年に法律をつくって土じょうお染について調べたり、対策をとったりしています。土じょうお染は、環境や人の健康に悪いえいきょうをあたえるだけではなく、土地の価値を下げ、元にもどすために大変なお金がかかります。アメリカには、よごれた土地を元にもどすためのお金を税金から出す仕組みがあります。