エコワード

絶めつ動物(Extinct Animal)
むかしは生きていたのに今は生きていない動物のこと。日本産のトキ、ニホンオオカミ、「不思議の国のアリス」に登場するドードーも絶めつ動物です。絶めつ動物のうち、自然環境の中、つまり野生で絶めつしてしまった動物を野生絶めつ動物と呼び、野生だけでなく人間が育てているものすらいない動物を絶めつ動物と呼びます。

開発など人間の活動によって自然環境の破かいが進んだこともあり、1600年より後に絶めつしているとわかった動物は約700種もいます。このため、世界中の国際機関や政府、NPOなどにより、絶めつの危機にある生物を守るための取り組みが行われています。たとえば、IUCNという団体は、絶めつの危機にある生物を「レッドリスト」にまとめています。また、日本の環境省も同じようなリストをつくっています。このように、絶めつ動物を増やさないための努力が続けられています。