エコワード

エコロジー(Ecology)
生物同士の集まりや、生物を取り巻く自然や社会などの環境とのかかわりについて考える学問のこと。日本語では、ふつう、「生態学」と訳されます。また、エコロジーという言葉は、人間の生活や産業などの活動から自然や環境を守る運動などの意味で使われることもあり、頭文字の「エコ」は環境の代名詞になりました。

学問としてのエコロジーには、植物、動物などどんな生物の集まりについて考え、研究するかによりさまざまな種類があり、海や山、森、里山など、どんな生態系を調べるかによっても、エコロジーの広がりや考え方は変わってきます。さらに、エコロジーの考え方に基づき、自然だけでなく、エネルギーや、リサイクルなど物質のじゅんかんについての研究も行われています。最近では、地球そのものや、人間の社会や科学などの文明についてもエコロジーの視点から研究が進められていて、エコロジーの考え方や研究が広がりつつあります。