エコワード

循環型社会(Recycling society)
これまで私たちの社会は、たくさんの物をつくり、使い、ゴミとして捨ててきました。しかし、地球の資源には限りがあります。また、ゴミを捨てる場所もだんだん少なくなってきています。そのため、自然からとる資源をできるだけ少なくし、それを大切に使うことによって、ゴミが出る量を少なくする社会である「循環型社会(じゅんかんがたしゃかい)」への転かんが求められています。

循環型社会では、1) ゴミの発生を少なくする、2) リサイクルショップなどのように資源を再使用する、3) 牛乳パックからトイレットパーパーをつくるように資源を再生利用する、という順番が求められます。そして、最後に、どうしてもゴミを出す場合には、きちんと分別して環境をよごさないように処理することが必要です。家や学校、地域でできることから取り組むことで、日本を循環型社会にしていきましょう。