エコワード

建設リサイクル(Construction Waste Recycling)
ビルや住宅などの建物を建てたり、直したり、こわしたりするときには、たくさんのゴミが出ます。このような建設ゴミ量が多く、コンクリートや鉄くず、木材、アスファルトなどいろいろな物がまざっているので処理するのが大変です。全国の建設現場からは、東京ドーム約60個分をこえる量の建設ゴミが毎年発生しています。

建設ゴミの多くは、きちんと分別した後に細かくくだくなどすると、工事にもう一度使うことや、別のものをつくる材料にすることができます。建設ゴミをきちんとリサイクルするために、建設リサイクル法という法律は工事をする会社などにきちんとリサイクルすることを義務づけています。建設ゴミをへらしていくにはリサイクルを進めることだけでなく、ゴミの出ない建物づくりをすることや、家を長く使う努力をすることが大切です。