エコワード

エコミュージアム(Ecomuseum)
エコミュージアムとは、ある地域を博物館(ミュージアム)にみたてて、環境(エコ)にかかわることをみんなで大事にしていくための考え方や場所のことです。ミュージアムといっても建物ではなく、地域をまるごと見てもらおうという考え方です。その土地やまちの自然や文化、歴史、くらしなどについて、地域にすむ人や観光で来た人が知るのにもってこいです。

エコミュージアムが生まれたフランスには、子どもたちがとまったり仕事を体験したりするプログラムがあります。日本でも、山形県の朝日町に全国で初めてできてから、北海道や奈良県などいろいろなところにエコミュージアムができています。こうした地域では、エコミュージアムがまちづくりやまちおこしに役立っています。