エコワード

魚道(Fish Way)
魚がすみやすい川にしようと、魚の自由な行き来を助けるために水の中につくられた道のことを魚道(ぎょどう)といいます。川に大きな「せき」のようなものがつくられると、魚など水の中でくらす生き物たちが泳ぎにくくなって、生態系をこわしてしまうおそれがあります。魚道があれば魚が川を上りやすくなって、安心して卵を産むことができるようになり、魚の数がへることをくいとめる助けになります。

魚道には、プールのようなものやエレベーターのようなものなどさまざまな種類があります。とくに最近では、コンクリートではなく自然の姿に近い魚道が増えていて、流木や石を組んでつくった魚道もあります。奈良県や大阪府を流れる大和川では、何年もかけて魚道づくりに取り組んだところ、天然のアユが見つかるまでに自然がもどりました。