エコワード

レアメタル(Rare Metal)
地球にほとんどない金属や、取り出すことがむずかしい金属のことをレアメタルと呼びます。レアメタルには、リチウムやマンガン、コバルト、バナジウムなど全部で31の種類があります。ほんの少し加えるだけで機械の性能を上げることができるので、けいたい電話やパソコン、自動車など社会のさまざまな分野で利用されています。レアメタルのなかでも量が少なく、ある国でしか取れない金属のことをレアアースといいます。

レアアースなどのレアメタルが世界中で使われるようになるにつれて、レアメタルが足りなくなって問題となっています。レアメタルがたくさんとれる国が、ほかの国に輸出する量を制限したこともあります。このため、レアメタルをできるだけ使わないようにしたり、ほかの材料を使ったりする技術開発が進められています。また、使い終わったけいたい電話にはレアメタルが入っているため「都市鉱山」と呼ばれ、リサイクルする取り組みが始まっています。