エコワード

ヒートアイランド現象(Heat Island)
東京や大阪など都市の気温が、夏に、まわりの地域よりも何度か高くなることをヒートアイランド現象といいます。温度のちがいを地図の上に表すと、都市のところが島のように盛り上がって見えることからこう呼ばれます。

コンクリートの建物やアスファルトの道路が多い都市では、太陽の熱が地面にたまりやすいのですが、木が少ないため気温がなかなか下がりません。さらに、ビルのエアコンから出る熱や、車のはい気ガスなどによっても気温は上がります。このようにいろいろな理由が関係して、ヒートアイランド現象が起きるのです。ヒートアイランド現象によって、都市の人は熱帯夜や熱中しょうになやまされます。また、光化学スモッグの発生や、大雨とも関係があるといわれています。ヒートアイランド現象が起きるのを防ぐには、冷房をあまり使わないようにするなど、省エネルギーに力を入れたり、公園や緑地をつくって都市に自然を増やしたりすることが大切です。