エコワード

深層水(Deep Ocean Water)
太陽の光が届かない、水深200mより深い海の水を深層水(しんそうすい)といいます。深層水は、海面近くの水に比べて陸地から流れてくる水や大気からの化学物資によるよごれにさらされていません。また、太陽の光が届かないために海草や植物プランクトンによる光合成も行われません。その代わり、バクテリアの力によって栄養分が多い海水になることがわかっています。

深層水の温度は1年を通じて低くあまり変わらないことや、細きんなどの少ないきれいな水であることが知られています。こうした特長を生かして、深層水を水産業や農業、食品、医薬品、美容など、いろいろな分野で使うための研究が進められています。