エコワード

マングローブ(Mangrove)
熱帯地方の入江や河口近くなど、海水と真水がまじりあうところに生える植物のことをマングローブといいます。マングローブの林をつくる植物には、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ニッパヤシ―などさまざまな種類があります。ふつうの植物は、塩分をふくむ海水があるところでは育ちにくいのですが、マングローブの仲間は塩分をろ過することができるため、海の近くでも数をふやすことができるのです。

マングローブは、変わった形をした根っこをしていることでもよく知られています。その姿は板のように平たいものや、水面から柱のようにのびているもの、人のひざのように曲がったものなどさまざまです。マングローブの林は、エビやカニなどさまざまな水の生物のはんしょくや生活の場になっていて、その豊かな生物多様性から「海の森」と呼ばれています。日本では九州南部から沖縄にかけて見ることができます。