エコワード

スローフード(Slow Food)
ハンバーガーショップなどに行くと、注文したものをすぐに食べられます。このようなファーストフードはいそがしくて時間のない人には便利かもしれませんが、世の中にはいろいろな食べ物があり、こうしたものをゆっくりと楽しむことも大切です。このように、食べ物やそれをとりまく文化を大事にして人生を豊かにしようという取り組みのことを、スローフードといいます。1980年代にイタリアで始まり、世界各国へ広がりました。

スローフードの大きな目的として、地域に古くから伝わる食べ物とその文化を守ることがあります。これは「地産地消」に近い考え方で、伝統野菜の種を保存したり、むかしながらの料理法を子どもたちに教えたりする「食育」として、各地でさまざまな活動が展開されています。また、スローフードを広める市民団体もあります。