エコワード

液状化(Liquefaction)
地面の一部が水のような液体と同じ状態になって、あちこちからふき出したり、建物がしずんだりする現象のことを液状化といいます。地面の下の方にある地ばんは、土や砂だけでなく水や空気からできていて、ふだんはこれらがしっかりとくっつき合っています。しかし、地しんなどで強くゆさぶられると、砂のつぶがばらばらになってすきまにある水にういているような状態になります。

このため、液状化現象が発生すると建物など重いものはしずみ、マンホールのように中に空気が入っていて軽いものはうき上がってしまいます。液状化はうめ立て地など、海を砂でうめてできた土地で起こりやすいことがわかっています。2011年3月の東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)の時は、宮城県や千葉県など多くの地域で液状化が発生し、たくさんの人が不自由なくらしをよぎなくされています。