エコワード

小水力(Small Hydro Power)
川などの落差を利用して水車を回して電気をつくる水力発電のうち、大きさや電力の量が小さいものを小水力と呼びます。自然の力を使う再生可能エネルギーのなかでも、今まであまり使われてこなかった未利用エネルギーのひとつとして注目されています。日本には小水力の機械を置くのにちょうどよい小さな川や水路、農業用水などがたくさんあって、すでにいろいろなところで小水力用の水車が回り始めています。

一台の小水力発電所がつくる電力は、ふつうの家庭にすると約2400世帯が1年間に使う電気をまかなうことができるといわれています。また、小水力はほとんど止めずに回し続けることができ、故障も少ないため、これから増えていくことが期待されています。