エコワード

ユーグレナ(ミドリムシ)(Euglena)
田んぼ池、沼(ぬま)などの水の中にすむミドリムシはユーグレナとも呼ばれ、たくさんの仲間がいます。ユーグレナは長さ0.3ミリほどの細長いプランクトンで、体の表面にたくさんのスジがあります。べん毛という長い毛を使って水中を自由に動き回り、そのつけ根には赤い眼がひとつあります。こうした特長から動物のように見えますが、細胞(さいぼう)がひとつしかありません。しかも体の中に葉緑素をもっていて光合成を行うことができるので、植物の仲間に分類されることもあります。

ユーグレナは真水と、カルシウムや鉄分などのミネラルがほんの少しあれば簡単に増やすことができます。しかも人間が生きていくのに必要な栄養素がたくさんふくまれています。このため未来の食べ物として期待されていて、ユーグレナをたくさん育てておいしく食べるための研究が進められています。最近はユーグレナからつくったクッキーやベーグルなども登場しています。