エコワード

エルニーニョ現象(El Nino-Southern Oscillation)
"太平洋の赤道近くにある日付変更線(ひづけへんこうせん)から南米のエクアドルやペルーにかけての海で、何年かに一回、海面の水の温度が異常に高くなることがあります。これを「エルニーニョ現象」といい、1年近く続くこともあります。赤道の上には貿易風という東風がふいていますが、その力が弱まると赤道西側の水温が低くなり、反対に東側の水温が高くなってエルニーニョ現象が起きるのです。エルニーニョとは、スペイン語で「男の子」を意味する言葉です。

エルニーニョ現象は大気の動きに影響(えいきょう)をおよぼし、世界中で干ばつやこう水などの異常気象を引き起こします。日本でも梅雨が長く続いて冷夏や暖冬になり、お米などの農作物がとれなかったりまずくなったりすることがあります。反対に、同じ海の水温が低くなる現象を「ラニーニャ現象」といいます。ラニーニャとはスペイン語で「女の子」の意味です。"