エコワード

バイオエタノール(Bioethanol)
バイオエタノールは、植物を発酵(はっこう)させてつくる自動車用の燃料です。これまで使われてきたガソリンや軽油は、化石燃料である石油からつくられるため量に限りがあるだけでなく、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を発生します。でも、大気中のCO2を吸収して光合成を行う植物を燃やしても、大気中にあるCO2の量は増えません。このため温暖化対策として、バイオエタノールをガソリンに混ぜて自動車用の燃料として使う国が増えています。

バイオエタノールをガソリンに3%混ぜた燃料を「E3」、10%混ぜたものを「E10」といいます。バイオエタノールの原料にはトウモロコシやサトウキビなどが使われることが多く、アメリカやブラジルではこれらの植物を燃料用にたくさん生産しています。しかし、食料や飼料にもなる植物を原料にすると、食べ物の値段が上がってしまうこともあります。このため、古い木材などからバイオエタノールをつくる研究が進められています。