エコワード

グリーン IT(Green IT)
情報技術(IT)が広がり、私たちがあつかう情報量が非常に増加したことにより、日本におけるIT機器の消費電力量は2006年と比べ2025年に5倍、 2050年には12倍に達すると推計されています。そんな中、IT機器の消費電力を減らしたり、発生する熱をおさえたりして、省エネなどを行うグリーンITの取り組みが行われています。

グリーンITには大きく分けて、1) データセンターの省エネや省エネ型機器の開発などITを使用する場面でのグリーン化、2) 管理のIT化による生産や業務の効率化などITの活用によるグリーン化、3) IT機器の3Rや半導体製品のなまりフリー化などLCAの観点から見たグリーン化―などがあります。グリーンITの推進により、国内では電力かん算で2025年に4200億kWhの省エネ効果があると期待されています。グリーンITを進めるため、国際的なコンソーシアムやプロジェクトも次々と立ち上がっています。