エコワード

硫黄酸化物(SOx)(Sulfur Oxygen X)
硫黄酸化物(いおうさんかぶつ:SOx、「ソックス」と読む)とは、石油や石炭など硫黄分をふくむ化石燃料が燃える時に発生する大気お染物質です。代表的なものに二酸化硫黄(SO2)があり、工場などからはい出されます。ぜん息や気管支炎などの呼吸系の病気を引き起こし、なかでも三重県の四日市市で起きた「四日市ぜん息」は四大公害のひとつとなっています。また、酸性雨の原因物質にもなります。

日本ではSOxによる大気お染が高度経済成長期に悪化し、法律によるはい出基準や総量での規制基準が作られました。技術の進展もあり、SOxによる大気お染はおさまっています。その一方で、中国などの工業化によって、それらの地域で発生したSOxを原因とする酸性雨などが問題となっています。