エコワード

電力買取(Feed-in Tariff Program)
再生可能エネルギーによる発電を広めるために、2012年7月から新しい電気の買取制度が始まりました。日本はかつて太陽光発電の多さで世界トップを走っていましたが、現在はドイツなどほかの国にぬかれてしまいました。また、風力やバイオマスによる発電も盛んになっています。このため、太陽光や風力などでつくった電気を、電力会社が決まった期間、決まった価格で買い取る仕組みにしたのです。

たとえば太陽光の場合、住宅の太陽光パネルでつくられた電力のうち、自分で使わないあまった分を、電力会社が1kWh当たり42円で10年間にわたり買い取ります。買い取りにかかる費用は国民がみんなで負担します。このほかに、風力、水力、地熱、バイオマスでつくった電気が買い取りの対象になります。