エコワード

スローライフ(Slow Life)
現代人は、お金による豊かさを追い求めるあまり、効率やスピードを優先していつも時間に追われています。そうしたライフスタイルを反省し、「スロー」をキーワードにした、自然と調和してゆったりした時間の流れを楽しむ生活である「スローライフ」を楽しむ人が増えています。

「スロー」という言葉は、1980年代のイタリアでおこった「スローフード運動」などを背景に新しい価値として登場し、世界中に広がりました。日本では2000年ごろから広がりはじめ、2003年の「かん境白書」でもしょうかいされました。過去の生活にもどるのではなく、スローな時間を楽しみながら、人と人のつながりを大切にしようというのが、「スローライフ」のコンセプトとなっています。最近では、社会によいこととかん境によいことをつなげようという「スロービジネス」なども注目されています。