エコワード

環境アセスメント(Environmental Impact Assessment)
環境アセスメント(かんきょうあせすめんと)とは、高速道路やダムの建設など、環境に大きなえいきょうをおよぼすおそれのある事業を行おうとする時に、事業者が自ら周辺の環境の状きょうを調査し、事業を実しした場合、環境にどのようなえいきょうをあたえるかに関して調査・予測および評価を行って、その結果を住民に公表し、意見をきき、より適正な環境への配りょを確保するための手続(制度)のことです。

アセスメントとは「評価、査定」という意味で、日本語では「環境えいきょう評価」といいます。1997年に法律が作られ、特定の事業の規模の大きなものでは必ず環境アセスメントを行うことになっています。しかし、事業計画が固まった後では変こうがむずかしいことから、その前の政策・計画・プログラム段階に対して実しする「戦略的環境アセスメント(SEA:Strategic Environmental Assessment)」を求める声も強くあり、地方自治体で取り組んでいるところもあります。