エコワード

クールビズ(Cool Biz)
地球温暖化の防止を目的に2005年に始まったキャンペーンで、夏に「ノーネクタイ・ノー上着ファッション」の軽装によるワーキングスタイルを呼びかけています。「COOL BIZ(クールビズ)」とは、ビジネスを意味する「ビズ(biz)」と、すずしさと格好の良さをかけた「クール(cool)」を合わせた造語です。

上着をぬいでネクタイを外すと、体感温度は2℃下がります。すべてのオフィスで夏の冷ぼう温度を平均とされる26.2℃から1.8℃上げて28℃に設定すれば、ひと夏で約160〜290万トンのCO2を減らすことができます。これは、京都議定書目標達成計画の中でオフィスビルなどに割り当てられた量の約5〜9%に相当します。クールビズの認知度は95.8%に上り、「勤務先が例年より冷ぼう温度を高く設定している」と回答した人は32.7%となっています。冬に暖ぼう時のオフィスの暖ぼう機の温度を20℃に設定し、厚着を呼びかける「ウォームビズ(WARM BIZ)」もあります。