エコワード

ヤンバルクイナ(Okinawa Rail)
1981年におきなわ県北部の「やんばるの森」で発見されたヤンバルクイナは、クイナという水鳥の一種です。主に樹の上をねぐらとし、とても大きな声で鳴き、森林や草地などでカタツムリや虫、両生類などを食べて生活します。発見された「やんばるの森」にしか生息しておらず、日本でゆいいつの飛べない新種の鳥として有名になりました。

やんばるに残る自然は野生生物の宝庫と呼ばれており、ヤンバルクイナと同じようにやんばるにしか生息していない鳥にノグチゲラが、こん虫にヤンバルテナガコガネなどがいます。ヤンバルクイナは発見直後の1982年に天然記念物として国の指定を受けました。生息数は2005年時点で約700羽ときわめて少なく、交通事故や外来生物につかまったりして年々減少しています。このため、2006年に公表されたかん境省のレッドリストでは絶めつのおそれが高い絶めつ危惧IA類に指定されました。