エコワード

カーボンフットプリント(Carbon Footprint)
商品・サービスの原材料調達(資源の採くつなど)から、捨てて、リサイクルに至るライフサイクル全体を通じた温室効果ガスの量の合計を二酸化炭素(CO2)量に置き換えて表示することを「カーボンフットプリント」と言います。商品などに直接表示する分かりやすさから、CO2の「見える化」をすすめる手段として注目されています。

カーボンフットプリントには、商品への表示によって、き業が温暖化対策を消費者にアピールできるのと同時に、消費者自身のCO2に関する自覚をうながす効果があります。また、各ライフサイクルでのCO2の量を理解する必要があるため、き業の温暖化対策を進める土台になります。ちなみに、よく似た言葉のエコロジカル・フットプリントは、人間の活動によって消費される資源の量を評価して、人間の生活や事業などが自然かん境にたよっている状きょうを示すもので、より広い指標といえます。