エコワード

カーボンオフセット(Carbon Offset)
日常生活や経済活動においてさけることができないCO2などの温室効果ガスのはい出について、まず、できるだけ量が減るよう努力を行い、どうしても出る温室効果ガスについて、はい出量に見合った温室効果ガスを減らす活動に投資することなどにより、はい出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方をカーボンオフセットといいます。カーボンは炭素、オフセットは相殺を意味します。

カーボンオフセットをするための事業としては、1) 植林などの森林保全事業、2) 太陽光などのクリーンエネルギー事業、3) 発展と上国における温室効果ガスはい出を減らすプロジェクトへの協力、などが考えられます。市場原理を活用した、自主的な取り組みとして注目されており、国際的なプロジェクトに限らず、自分のCO2はい出量が分かってさえいれば、個人や会社など主体の大小を問わず、カーボンオフセットに取り組むことができます。