エコワード

PCB(Polychlorinated Biphenyl)
PCBはポリ塩化ビフェニルという化学物質の略です。1881年にドイツで初めて合成され、日本では、1954年に作られ始めました。熱が加わっても安定している、電気を通しにくい、薬品に強いなどの特ちょうがあり、はば広い分野に使われていました。しかし、1968年にPCBが製造過程で米ぬか食用油に混じり、それを食べた人が皮ふやかん臓の機能の障害などを発しょうしたカネミ油しょう事件により、1972年以降、製造と輸入が原則禁止されました。

しかし、今も使用されている製品があったり、保管中にPCBがもれ出したり行方不明になったり、使用中止後に捨てられ、い法に処分されることが危ぶまれています。そのため、2001年に法律が作られ、この中で2016年までに処分することが定められています。