エコワード

カーボンニュートラル(Carbon Neutral)
植物は、成長過程で光合成により二酸化炭素(CO2)を吸収しているため、植物など生物由来の燃料を燃やしても全体でみると大気中のCO2を増加させないと考えられています。このように、CO2の増減にえいきょうをあたえない性質のことをカーボンニュートラルと呼びます。カーボンとは炭素のことです。

また、会社の活動などで出るCO2の量を、植林や自然エネルギーの導入などによってゼロに近づける取り組みのことも、カーボンニュートラルと呼ばれ、世界の会社などで導入されています。2006年にドイツで行われたサッカーのワールドカップでは、大会で出る温暖化ガスについて自然エネルギーを使ったり温暖化防止プロジェクトへ投資したりすることによって、大会初のカーボンニュートラルを実現しました。