エコワード

桜前線(Cherry blossom front)
毎年、春になると桜の開花日や満開日が発表されます。この開花日などが同じ地点について、地図上に線で結んだものが、天気図の前線のような線になることから桜前線と呼ばれています。桜の開花日をふくめて、植物や動物などの生物の動きを指標とした観測を「生物季節観測」といいます。

桜のほかに、ウメの開花した日、カエデやイチョウが紅(黄)葉した日、ウグイスやアブラゼミの鳴き声を初めて聞いた日、ツバメやホタルを初めて見た日などの観測を行っています。近年、地球温暖化のえいきょうで桜の開花日が早まる年が増えているといわれており、過去50年間に全国平均で5日も桜の開花が早まっているという研究結果もあります。