エコワード

エコキュート(Ecocute)
おふろや食器洗いなど、お湯はくらしのなかでかかせないもの。でも、湯わかしにかかるエネルギーは、家で使うエネルギーの約3割にもなるのです。お湯を、大気中の熱と電気を使ってわかす湯わかし器がエコキュートです。ガスなどを燃やすタイプの湯わかし器に比べて、エネルギーを使う量を約3割、二酸化炭素(CO2)を出す量を約半分に減らすことができます。

エコキュートのすぐれた点は、昼間よりも電気代が安い夜の間にお湯をわかすことです。このため、エコキュートは便利でおとくな湯わかし器としてたくさんの家や会社で使われています。また、エコキュートを取りつけるときに、国や役所から支援(しえん)を受けられる場合もあります。最近は、ためるお湯の量が少なくてすむものや、冬のだんぼうに使えるエコキュートも登場しています。エコキュートに似たものに、お湯をわかす時に出るガスの熱をもう一度使うエコジョーズがあります。