エコワード

富栄養化(Eutrophication)
湖やぬまなど、川とちがって水の流れが少ないところでは、家や工場から出るはい水にふくまれる窒素(ちっそ)やリンなど栄養のある成分が多くなることがあります。すると、それらをとりこんで成長する植物プランクトンなどの水にすむ生き物や水草が増えすぎて、魚が死んでしまうことがあります。こうした状態を富栄養化といいます。

富栄養化になった湖やぬまでは、プランクトンがたくさん発生してこい緑色のまくである「水のはな」をつくったり、カビくさくなったりします。また、海でも同じような理由で「赤潮」という現象が起きたり、アオコが大発生したりすることがあります。このような状態になると、水中の酸素が少なくなって魚が死んでしまいます。国は、富栄養化の原因となる窒素(ちっそ)とリンを流すことを法律で制限しています。