エコワード

バイオマス(Biomass)
木材や海草、生ゴミ、紙、動物の死がい、プランクトンなど、生き物から得られるエネルギーや資源を、バイオマスといいます。生き物を意味するバイオ(bio)と、量を表すマス(mass)を組みあわせた言葉です。バイオマスは、石油や石炭などの化石燃料とちがい、燃やしても二酸化炭素(CO2)をあまり出さない自然エネルギーであることから、地球温暖化対策として注目されています。

バイオマスは、動物のふんから燃料をつくるといったかたちで古くから行われてきました。今では、サトウキビなどの植物でつくったバイオエタノールで自動車を走らせたり、生ゴミで発電を行ったりする技術が開発されています。日本では、バイオマスは太陽光や風力と並ぶ新エネルギーのひとつとされています。また、木材によるバイオマスで部屋をあたためるストーブが人気を集めています。