エコワード

ボランティア(Volunteer)
社会には、病気の人や障がい者、お年寄りなど、助けを必要とする人がたくさんいます。また、森の手入れをしたり、野生の生き物やサンゴを守ったりするには、国や自治体の力だけでは不十分です。ほかの人や社会のために、自分から、見返りを求めずに行う活動がボランティアです。ボランティアをする上で大切なのは、多くの人と力を合わせて問題を解決していくことです。

また、役所や会社にはない自由な考えや方法で取り組むことや、場合によっては長く続けることも大事です。ボランティアが活動する分野は、環境や福祉(ふくし)、医療(いりょう)、まちづくり、文化、防災など、とても幅広い(はばひろい)ものです。1995年に起きた阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)では、日本全国からきたたくさんのボランティアが力を発揮しました。ボランティアが集まって、活動を続けたり広めたりするためにつくる団体をNPO(えぬ・ぴー・おー)といいます。