エコワード

気候変動(Climate Change)
地球では、太陽から受けたエネルギーをもとに、大気や海などいろいろなところで環境の変化が起こっています。雨や気温の地域ごとの変化を30年という長い期間で見て、平均した状態を気候(きこう)と呼び、その変化を気候変動(きこうへんどう)といいます。その理由には、火山の噴火(ふんか)などの自然によるものと、人間の活動によるものがあります。

気候変動(きこうへんどう)と地球温暖化との間には深い関係があり、とくに、二酸化炭素(CO2)の排出(はいしゅつ)によるものが大きいと言われています。日本の平均気温は、100年あたりで見ると1度以上も上がっていることがわかっていて、自然環境や私たちの生活は大きなえいきょうを受けています。温暖化対策を進めることは、気候(きこう)を安定させることにもつながります。2008年7月に行われた洞爺湖(とうやこ)サミットでは、気候変動(きこうへんどう)に対して世界の国々が協力して立ち向かうことを約束しました。